about

小里誠のソロプロジェクト“Francis”のSHOPです!

◆小里誠(オリマコト)profile
1965年神奈川生まれ。
高校時代から友人と作り続けていた音源が一部のマニアックな音楽好きの目にとまり、世界のインディーレーベルの中でもひときわ異彩を放つ独Ata takレーベルよりアルバム“Ha!Ha!Tarachine!”を85年にリリースしたPicky Picnicとしての活動で本格的な音楽キャリアをスタート。
現ORIGINAL LOVEの前身バンドThe Red Curtainを田島貴男と結成しベーシストとして活動。サイケからガレージ、ソフトロック、ジャグバンドスタイルからソウルミュージックまでその雑多にジャンルを超えてスポイルする音楽性で話題になる。
そして90年のバンド脱退後、メンバーチェンジという形で91年にTHE COLLECTORSにベーシストとして加入。
94年にはソロユニットFrancis名義でミニアルバム“Burning Bear!”をリリース。Modsをルーツにブリティッシュ・ロック的なアプローチで活動するTHE COLLECTORSとは一線を画す、自らのルーツであるニューウェイヴ、ノイ!などのクラウト・ロック、ヴェルベット・アンダーグラウンドなどのNY系ガレージ、Sゲンスブールなどのフレンチ・ポップなどに影響を受けた独自の世界を展開した。
そして2014年、THE COLLECTORSを突然の脱退から約一年の沈黙を経て、2015年“Francis”としてソロ活動を再始動。現在、都内を中心に精力的にライブ活動を続け、2017年10月、話題の女性アーティスト田島ハルコと共に「ハルコとフランシス」名義で新作『ハモンハモン』を発表した。
official HP http://orimakoto.com/

Makoto Ori
Born 1965 in Kanagawa pref.
Started making music with his friend in his high school days and their music emerged to the world through some music maniacs.
Eventually they signed to germany’s finest and very original post punk label Ata Tak Records as Picky Picnic and put out their album “Ha! Ha! Tarachine!” in 1985, that became a big trigger for him to create and play music seriously.
After Picky Picnic’s split, he formed a psych/garage band The Red Curtain (pre Original Love) with Takao Tajima as a bass player, their music was unique and too complicated to describe as psych or garage and was beyond any genre of music adding some soft rock, jag band music and soul feel into it.
He quit the band in 1990 and joined this british mod type of band The Collectors in 1991 welcomed as their new bass player, then started his solo project Francis besides playing in The Collectors and put out a mini album “Burning Bear!” in 1994.
Francis was a project reflecting his personal music taste and roots sounding more New Wave, Kraut Rock, NY original punk/garage like The Velvet Underground and french nouvelle vague pop like Serge Gainsbourg and it was total big contrast views between Francis and more british rock sounding The Collectors.
In 2014, he lasted his long collector years, and finally started his solo career again after one year of silence.